工事発注までの流れを紹介

業者に工事を依頼しよう

どんな種類の工事なのか

発注までの流れを知りたい場合は、まず工事の種類を知らなければいけません。 工事には国や地方自治体が発注する公共工事と、民間企業が発注する民間企業があります。 まずは公共工事が行われるまでの流れについて、詳しく勉強しましょう。 公共工事と民間工事は、大きく異なっています。

業者の選択をしよう

公共工事を依頼する場合は、最初に業者を選択しなければいけません。 ここで選択を間違えると、希望したように工事をしてもらえないので気を付けましょう。 実力があることを確認し、さらにこちらの話をしっかり聞いてくれることがわかったら、依頼しても大丈夫です。

見積もりを聞いてみよう

この業者が良いと思ってもまだ、依頼できません。 予算内に費用が収まることが大切な条件なので、見積もりを聞いてください。 業者は無料で見積もりを出してくれるので、気になったらすぐ聞きましょう。 そして契約書をよく読み、納得できたら契約を交わしてください。

工事には種類がある

工事は、公共工事と民間工事の2種類があります。
種類によって、発注する流れが異なると覚えておきましょう。
公共工事は資格審査が行われ、入札や契約へと進みます。
入札には公募型の指名競争入札や、工事希望型の指名競争入札などがあります。
このように複雑な段階があるのが、公共工事の流れの特徴です。
しかし公共工事を担当できると業者の信頼を高めることに繋がるので、多くの業者が入札を行っている傾向が見られます。

民間工事に場合は、まず工事を行う業者を選択します。
正しく工事をしてもらうためには実力があったり、実績を豊富に持っていたりする業者を選択してください。
また、どのような工事をしたいのかわかってくれる業者がおすすめです。
こちらの意図を理解してくれない業者では、予想と異なる工事をされる可能性があり、トラブルが起こります。
そしてこちらも、このような工事がしたいと的確に伝えることを心がけてください。

見積もりを聞いてから、業者を決めても良いと思います。
まだ契約していない段階ならキャンセルできるので、積極的に尋ねてください。
高い実力を持っている業者でも、予算を超える料金が発生する場合は考え直しましょう。
見積もりの結果に満足できたら契約を交わしますが、契約書の隅々まで読んでからサインをしてください。
それが工事の発注の完了で、後はすみやかに工事が行われます。
民間工事は割と依頼する機会が訪れるので、発注までの流れを掴んでおきましょう。